不動産査定書だけ欲しい場合は不動産鑑定士へ

不動産の売却を目的として、査定をすることがほとんどだと思いますが、財産分与や相続を行う時にも不動産の価値を調べる必要は出てきます。
これらの目的のために不動産を査定した結果を証明するものとして、不動産査定書、もしくは不動産鑑定書と言うものがあります。
不動産の売却を目的として査定をする場合ではなくて、相続や財産分与のために査定を行う時には、不動産査定書が必要となり、その場合は売却はあまり絡んでこないか、しばらく経ってから売却することが多いので、まずは不動産査定書が欲しくなります。
不動産査定書を入手するためにはどうしたら良いのでしょうか。

売却を目的とした査定でなければ通常はもらえないもの

不動産査定書と言うのは、大抵の場合は、不動産を売却することが目的でいくつかのステップを踏んで入手することが出来ます。

  1. 1、 不動産会社に売却を依頼する
  2. 2、 売却先を探す
  3. 3、 不動産査定書を作成する

このようなステップを踏めば入出来るものなのですが、不動産を売却する目的ではない場合は、不動産査定書だけをもらうことは出来るのでしょうか。

不動産査定書だけが欲しい場合は不動産会社ではなくて不動産鑑定士に依頼する

不動産査定書だけを作成したい場合は、不動産会社に依頼をしても断られることが多くあります。
その場合は、不動産鑑定士に依頼することがおすすめで、不動産鑑定士自体が、査定を主な業務としているので、断るということがまずありません。
不動産鑑定士に依頼した場合は、所定の手数料はかかります。
しかし、希望していた不動産査定書はしっかりと入手することが出来ます。

不動産会社と不動産鑑定士の作る査定書には違いがある

先にも触れたように不動産鑑定士と言うのは査定をすることが仕事です。
そのため、その査定書を作ることにも長けています。
不動産会社との主な違いは主に書式や様式にあるようです。

  • ・不動産会社の不動産査定書・・・規定や書式に決まり事はなく、ばらつきがある。
  • ・不動産鑑定士の不動産鑑定書・・・この道のプロフェッショナルなので、書式や様式があり、規定通りの書類を作成してもらえる。

こうした違いも今後のことを考えると、保管するにしても何かの証明にするにしてもちゃんとした書類として扱えるものが良いはずです。
そのため、不動産査定書だけが欲しい場合は、不動産鑑定士に依頼することが良いと言えます。

ちょっと気になる査定と鑑定の違いとは?

本文でも査定と鑑定の両方を使用していますが、どっちがどう違うのか、ちょっと気になる方もいるのではないでしょうか。

  • ・査定・・・売却を希望する場合の価格や価値を把握する
  • ・鑑定・・・不動産の価値を正式な書類にして証明する

こうしたニュアンスの違いがあります。
もしも、不動産査定士と不動産鑑定士が目の前に現れたら、確実に不動産鑑定士の方を選べるように覚えておくと良いです。

不動産鑑定士に依頼する時の費用って?

yjdtydj
不動産鑑定士に業務を依頼する時には、内容や鑑定士によって多少の違いはあるものの、一般的には10万円前後の費用が掛かると言われています。
決して安くはない金額ですが、その分、作成してもらった書類は正式な書類として扱えます。
簡易査定であればほとんど無料なのですが、それではあまりにも比較にならないことがあるので、出来れば、1度は不動産鑑定士に相談をして、物件の情報と併せて、見積もりなどをお願いすることがおすすめです。

更新情報